Astro-E banner
X線グループホーム Astro-E あすか ぎんが サイトマップ English Version
Satellite banner
トップ
Astro-E2トップ
新着情報
科学的目標
搭載機器
チーム紹介
出版目録
SWGメンバ用
チーム用

トップ > Astro-E2 > 新着情報 > 2005-06-29

X線分光装置のネオン冷却

6月28日、29日の二日間かけて、Astro-E2衛星の搭載機器の一つであるX線分光装置(XRS)で寒剤として使用している固体ネオンの冷却作業を行ないました。XRSでは検出器を冷やすために液体ヘリウムと固体ネオンを使用しており、固体ネオンが融けないように定期的にネオンタンクのまわりにヘリウムを流してネオンの温度を下げています。今回はロケットに乗った状態での冷却作業であり、いつも以上に慎重に作業が行われています。

写真1は、整備塔8階にて、ヘリウム転送管を衛星に挿入するところです。カーテンの左側にフェアリングに覆われた衛星があります。


写真1: ヘリウム転送管を衛星に挿入するところ

写真2は、フェアリングのアクセス窓を通して、X線分光装置のデュワー(魔法瓶)へのヘリウム転送を開始したところです。


写真2: X線分光装置のデュワー(魔法瓶)へのヘリウム転送を開始したところ


JAXA 宇宙科学研究本部 高エネルギー天文学研究系

Last Modified: Thursday, 30-Jun-2005 17:14:55 JST