満田・山崎研究室 Mitsuda Yamasaki Labo

満田・山崎研究室は、宇宙が今なぜかくあるかを,宇宙の構造形成の研究を縦糸に,極低温観測技術を横糸に.理解することを大きな目的として研究を行っています.その中では,すざく衛星など既存の観測装置を用いた観測的研究も進めています。ASTRO-H衛星搭載SXS検出器の開発の中心メンバーであると同時に,インフレーション宇宙の実証をめざすLiteBIRD計画にも参加し.また,欧州の大型計画AthenaのX-IFUへの日本の参加も主導しています.さらに,Athena以降をめざした次次世代の極低温センサーとその関連技術の研究開発も行っています.その先進技術を用いて,宇宙物質の微量分析や暗黒物質候補の探査などの地上の実験へ応用も推進しています.

研究は,"観測的研究","新しい検出器の研究とその応用","新しい宇宙ミッションの研究と推進",の3つの異なる分野を,お互いに相関させながら,同時にスパイラルを描くように進めています。fileR&DofMitsudaYamasaki_labo20180430.pdf

Our goal is to understand why the Universe is as it now, by studying formation/evolution of structure of the Universe using cryogenic sensors. We also use instruments already in orbit, such as Suzaku, for observational researches. We took lead in development of the X_ray microcalorimeter spectrometer, SXS, onboard ASTRO-H whose major science goal was to study evolution of clusters of galaxies. We are also working on the LiteBIRD mission whose purpose is to prove the inflation of the Universe. We are also leading Japan’s contribution to ESA’s Athena mission which will push forward the SXS science. Our major effort is also in R&D of cryogenic sensor technologies for missions beyond Athena. We are also exploring various ground applications such as nano analysis of astrometerials, search for dark matter candidates using our cutting-edge technologies.

We conduct three different area of researches, "observational studies", "cutting edge instrumentations and applications", and "studies and developments of new space missions" simultaneously like drawing spirals. Please see fileR&DofMitsudaYamasaki_labo_eng_20180430.pdf

News

以前のニュース
Old news

研究室紹介 (Labo guidance)

研究室の情報はこちら

大学院進学希望者むけガイダンスのお知らせ

  1. 東大物理ガイダンス@本郷: 2018年5月26日(土曜日) 14:30-16:30 (小柴ホール) サブコースごと
  2. 東大物理ガイダンス@本郷: 2018年5月26日(土曜日) 16:40-18:00 (小柴ホール) 宇宙科学研究所懇談会
  3. 研究室紹介@本郷: 2018年6月4日(月) 16:50-18:35 (理学部1号感201a)
  4. 見学会@相模原キャンパス : 2016年6月9日(土) 10:00-13:00 JAXA宇宙科学研究所

研究室メンバー,卒業生の卒業後の進路 ... メンバー
研究室の連絡先 ... アクセス
博士論文,修士論文
学生生活の紹介 ... 研究室での生活

観測的研究 Observational research

主にX線という高エネルギーの電磁波を使って、宇宙の構造、特に高温宇宙の構造を探っています。
観測対象

We study structure formation of the Universe using mainly high-energy photons, namely X-rays.

実験的研究 Experimental Research

高いエネルギー分解能をもつX線検出器などを開発し,地上応用研究をすすめています。

We study and develope high-energy resolution X-ray detectors, and at the same time we take a lead in their ground applications.

現在進行中、計画中のプロジェクト Space missions

満田・山崎研究室は、以下のプロジェクトにおいてサイエンス、検出器の両面で貢献しています。

We participate in and supprot the following space missions both in hardware development and in science studies.

満田研究室 20 周年 & 山崎研究室 12 周年記念パーティーより

満田研20周年&山崎研12周年記念パーティー

その他



添付ファイル: file20180327_NHK_ibaraki.pdf 130件 [詳細] fileR&DofMitsudaYamasaki_labo20180430.pdf 155件 [詳細] fileR&DofMitsudaYamasaki_labo_eng_20180430.pdf 100件 [詳細] file25party.jpg 2006件 [詳細]