宇宙の物質分布に付随するガスをX線で見る

宇宙はどのような構造をしているのか、それは人類がはるか昔から持っている普遍的な謎です。私たち、満田・山崎研究室では、X 線という高エネルギーの電磁波を使って、宇宙の構造、特に高温宇宙の構造を探っています。

「宇宙の構造」と一口にいっても、小さいスケールの構造から大きなスケールの構造までさまざまですが、そのさまざまな構造を幅広く研究することで、統一的な理解を得ようとしています。

これらの研究はX線背景放射の謎ダークバリオン問題といった謎に答えていきます。ビッグバンのあと宇宙はどのような進化をとげてきたのでしょうか、そして、これから宇宙はどのように姿を変えていくのでしょうか。その回答の手がかりは正確な観測の中にあるでしょう。

詳細は各リンクの先にありますので、ぜひご覧下さい。

ギャラリー

LSS2.jpgslide0010_image019-1.jpg
宇宙の大規模構造。1 辺 70 Mpc。ダークマター、星、銀河団、中高温銀河間物質の分布の比較 (筑波大吉川氏提供)
n4631.jpgn4631_2.jpg
系外銀河ハローからのX線放射系外銀河ハロー:X線と可視光の比較


a2218_opt_x.png
銀河団 Abell 2218 からの放射: X 線と可視光の比較


添付ファイル: fileLSS.png 1486件 [詳細] fileLSS2.jpg 3042件 [詳細] fileslide0004_image003-1.gif 1413件 [詳細] fileslide0004_image003.gif 1377件 [詳細] fileslide0008_image008.gif 1417件 [詳細] fileslide0010_image019-1.jpg 3017件 [詳細] fileslide0010_image019-2.jpg 1385件 [詳細]